AOMORI トリエンナーレ 2020

世界的板画家“棟方志功”をはじめ多くの版画家を輩出してきた「版画の街・あおもり」の魅力、個性を広く発信するとともに、アートを触媒とした観光振興や新たな産業の創出に挑戦する「AOMORIトリエンナーレ2020」を開催いたします。

前回の「AOMORIトリエンナーレ2017」共通テーマ「PRINT」を継承しながらも、今回の「AOMORIトリエンナーレ2020」では「天然知能」をテーマとし、「人間がなぜ想像力を生み出し、必要とするのか」という哲学的な問いに、真摯かつ論理的に向き合う重要性を伝える芸術祭を目指し、「Classical」「Unlimited」からなる2つの軸で構成します。

Classical

202081日(土) - 16日(日)

Classical 部門
「棟方志功国際版画大賞」
at 東奥日報新町ビル3F New’sホール

「MUNAKATA」に続き、伝統的な「版画」表現を世界で評価されるレベルにまで押し上げ、次代を切り拓く新たな才能の発掘を目的とした公募展。古くから版画文化を育んできた青森市において、優れた作品に触れる機会の充実と、次世代を切り拓く才能の発掘を目指す。

English Application Requirements PDF is hear.

応募対象
版による作品 ( 平面作品 )
応募資格
国籍・年齢不問
大賞 1 名
副賞 100 万円 ( 国際芸術センター青森 創作 棟使用権(2週間 ) 宿泊付き )
優秀賞 6 名 - 副賞各10万円
応募規定
  • 2018 年 1 月以降に制作された未発表の作品であることが条件となります。
  • サイズ(額装も含み) 200×200cm 以内、重量 (額装のも含み)15 kg 以内、額装の厚さ 20cm 以内とします。額装の有無は不問とし、アクリルは可とします。※壁面に展示可能な状態で出品してください。
  • 作品の天地がわかるように額裏面右上に出品票を添付してください(出品票は輸送用の箱の上にも添付)。
  • 必ず 1 作品につき 1 つの包装で送ってください。複数の作品の同一包装は受け付けません。
  • 出品数は 1 人 5 点以内とします。
  • 出品料は 1 点につき 3,000 円とします。
    ※出品料払い込み後の払い戻しは、理由の如何にかかわらず行いません。

UNLIMITED

2020103日(土) - 
1123日(月・祝)

Unlimited 部門
at ACAC(国際芸術センター青森)、八甲田丸、浅虫温泉地区

「制限のない」という文字通り、「PRINT」をテーマに、表現の枠にとらわれず、新たな視点から問いを投げかけるアーティストを招聘する芸術祭。

前回の 2017 では、プリントの概念を拡張し、DNA のプリント(複製機能)や AI プログラムのコピー(複製機能)という概念にまで領域を拡張し、版画 + AI という伝統と先端を融合させるプロジェクトに成長させた。
AOMORI トリエンナーレ 2020 では、「天然知能」をテーマとし、脳や身体の持つ未分化で未発見の圧倒的外部の存在を認め、そこに謙虚な一歩を踏み出す心性の獲得を目指す。

Where is more info... ?

AOMORI トリエンナーレ 2020 に関する詳細情報は 2020 年 4 月に現在のページhttps://aomori-triennale.jp/にて順次情報を追加させて頂きます。